住宅金融支援機構のリバースモーゲージ | リバースモーゲージ大辞典

住宅金融支援機構のリバースモーゲージ

住宅金融支援機構のリバースモーゲージ「高齢者向け返済特例制度」は、満60歳以上の高齢者が、居住している住宅のバリアフリー工事や、耐震改修工事を施すリフォームを行う場合に、返済期間を申込み本人(連帯債務者を含む)の死亡時までとし、毎月の返済は利息のみ支払う形で、借入金の元金は、申込み本人(連帯債務者を含む)が死亡した際に、一括して返済する制度です。

住宅金融支援機構のリバースモーゲージ「高齢者向け返済特例制度」の元金は、借り入れた人全員が亡くなった際の一括返済となり、相続人が一括で返済するか、担保提供された建物・土地の処分による返済となります。

住宅金融支援機構のリバースモーゲージ「高齢者向け返済特例制度」の場合、担保提供された建物・土地の処分した金額で、融資金の全額を返済出来ない場合の残元金は、相続人が返済することとなります。

融資限度額は1000万円で、リフォーム工事費または1000万円のいずれか低い額が限度額となり、バリアフリー工事と耐震改修工事を併せる場合も、限度額は変わりません。

平成19年度より「住宅のバリアフリー改修促進税制」が創設され、所得税・固定資産税の特例措置を受けることができるようになっています。


リバースモーゲージ大辞典TOPへ

リバースモーゲージの基礎知識

金融機関のリバースモーゲージ

国・自治体とリバースモーゲージ

朝日信託のリバースモーゲージ

当サイトについて