リバースモーゲージ日本の場合 | リバースモーゲージ大辞典

リバースモーゲージ日本の場合

リバースモーゲージは、高齢者などが持ち家を担保に生活資金などの融資を受け、死亡時に一括返済する制度で、日本では、1981年に東京武蔵野市で導入したのが皮切りとなり、その後、自治体や民間の金融機関などが事業展開していますが、バブル期に担保割れするケースが多く発生したため、新規販売を停止したり、条件を厳しくしている所も出たようです。

現在では、自治体としては、世田谷シルバー資金融資制度(東京都世田谷区)、福祉資金貸付事業(東京都武蔵野市)、ふれあい福祉資金あっせん融資事業(兵庫県伊丹市)、高齢者くらしの充実資金貸付(兵庫県神戸市)などのリバースモーゲージがあります。

また、住宅金融支援機構のリバースモーゲージ「高齢者向け返済特例制度」による高齢者の住宅のバリアフリー工事・耐震改修工事を施すリフォームの援助、国土交通省の「高齢者の住み替え支援制度」の他、厚生労働省が2002年12月より、都道府県社会福祉協議会を実施主体として実施をはじめた「長期生活支援資金貸付制度」があります。

金融機関としては、東京スター銀行の新型リバースモーゲージ「充実人生」、中央三井信託銀行のリバースモーゲージ(住宅担保型老後資金ローン)、朝日信託のリバースモーゲージ信託などで扱いがあります。


リバースモーゲージ大辞典TOPへ

リバースモーゲージの基礎知識

金融機関のリバースモーゲージ

国・自治体とリバースモーゲージ

朝日信託のリバースモーゲージ

当サイトについて