リバースモーゲージとマンション | リバースモーゲージ大辞典

リバースモーゲージとマンション

リバースモーゲージの担保物件としては、土地付きの建物に限定している所が多く、所有していてもマンションでは融資を得られない場合が多いようです。

マンション住まいでも、土地付きの建物物件を所有している場合には、リバースモーゲージを利用することが可能となることが多いようですが、所有の土地付き住居に住んでいない場合には、融資額が少なくなる場合もあります。

リバースモーゲージによっては、所有しているマンションで土地が無くても、融資が受けられる場合があります。

日本のリバースモーゲージの先駆けである武蔵野市のリバースモーゲージでは、担保物件は、建物、土地、マンションなどで、マンションも可能となりますが、マンションの場合には築年数などの条件があります。

リバースモーゲージを利用することで、高齢者は住み慣れた自宅に生涯住みながら生活資金を年金のように得ることもできますし、高齢者に不向きな自宅を担保にし、そのまま自宅を保有したまま高齢者用のマンションに住み替えることを可能にしているリバースモーゲージもあります。

また、国土交通省の「高齢者の住み替え支援制度」の場合、自宅を借り上げてもらい自宅の主体が、広い賃貸住宅が必要な子育て世代に賃貸するという形で、生涯の生活資金が確保できた上で、高齢者に住みやすいマンションなどに住み替えが可能となります。


リバースモーゲージ大辞典TOPへ

リバースモーゲージの基礎知識

金融機関のリバースモーゲージ

国・自治体とリバースモーゲージ

朝日信託のリバースモーゲージ

当サイトについて