リバースモーゲージの問題点 | リバースモーゲージ大辞典

リバースモーゲージの問題点

リバースモーゲージの問題点としては、不動産の立地条件や規模や状況で融資額が異なるため、希望通りの融資が得られないこともありますし、不動産の評価が低いエリアの場合は融資額も低くなってしまったりと、地域が限られてしまうといったことがあげられます。

また、担保不動産価格や地価が著しく下落での担保割れ、金利の上昇での担保割れ、担保割れする長寿、といったことなどもあげられます。

リバースモーゲージの担保物件として土地付きの建物に限定している所もあり、マンションでは融資を得られない場合もあります。

リバースモーゲージによっては、立て替えやリフォームに限定など使用用途が限られているものもありますし、使用用途自由の場合も、投機や事業資金としての使用は禁止されていることもありますので注意が必要です。

リバースモーゲージは、高齢者にとっては生涯住み慣れた家に住み続けることができ、安定した融資を受けられるため、とてもメリットが大きいですが、相続者にとっては不動産を相続できないにも関わらず、不動産の相続税と売却益による所得税を払う必要が生じるなど、デメリットもあるようです。

リバースモーゲージは、相続できる親族が相続をあてにしていた場合などにトラブルになったりすることもあり、相続者の了解が得られない場合に融資してもらえないこともあるという問題点もあります。


リバースモーゲージ大辞典TOPへ

リバースモーゲージの基礎知識

金融機関のリバースモーゲージ

国・自治体とリバースモーゲージ

朝日信託のリバースモーゲージ

当サイトについて