リバースモーゲージとローン | リバースモーゲージ大辞典

リバースモーゲージとローン

リバースモーゲージは、高齢者向けのローンで、自宅の土地建物を担保に年金型の融資を受け、契約者の死亡時に担保物件を売却して一括返済する制度で、持ち家がありながら収入が無いために生活保護を受けている高齢者などの生活支援に適しています。

リバースモーゲージは、一般的なローンとは違い、月々の返済が無いため、借入金はどんどん増えて行くことになります。

リバースモーゲージの商品によって利子のみ毎月支払うものや、利子の支払いも組み込まれているため融資を受けるだけで月々支払いは一切なく死亡後に一括返済となるものなど様々なので、適したものを利用すると良いでしょう。

日本では、1981年に東京武蔵野市でリバースモーゲージを導入したのが皮切りで、その後、自治体や民間の金融機関などが事業展開していますが、バブル期に担保割れなどで一時、普及に足止めがかかりました。

その後、高齢者社会に向け、リバースモーゲージが見直され、国や自治体、金融機関などから多種のリバースモーゲージが取り扱われるようになっています。

リバースモーゲージ型のローンでは、融資された資金の使用用途が自由の所から、リフォームや立て替え専用のものなど様々ですので、目的に合わせて利用すると良いでしょう。


リバースモーゲージ大辞典TOPへ

リバースモーゲージの基礎知識

金融機関のリバースモーゲージ

国・自治体とリバースモーゲージ

朝日信託のリバースモーゲージ

当サイトについて