リバースモーゲージと高齢者 | リバースモーゲージ大辞典

リバースモーゲージと高齢者

リバースモーゲージは高齢者を対象にしたローンで、主に米国で利用されており、不動産などを担保にして金融機関から資金の融資を受け、契約者の死亡時に担保物件を売却することで資金の回収が行われます。

リバースモーゲージは、自宅はあるものの現金収入の無い高齢者が融資を受けることができるだけでなく、自宅を売らずに済むため、住み慣れた自宅に生涯住みながら生活資金が得られるというメリットがあります。

リバースモーゲージという制度の目的としては、融資という形を取り老後生活の安定を図ることや、高齢者の自立支援があげられ、また、老人ホームなどではなく、住み慣れた住居で生活をし続けたいという高齢者の希望も叶えます。

リバースモーゲージは、条件を満たした高齢者が自己所有の土地建物を担保とし、金融期間から融資を受け、契約者の死亡などにより融資契約が終了すると、担保物件の売却などにより、一括返済・精算が行われる仕組みとなっています。

住宅金融支援機構のリバースモーゲージ「高齢者向け返済特例制度」のように、満60歳以上の高齢者が、居住している住宅のバリアフリー工事や、耐震改修工事を施すリフォームを行う場合に目的が限定されているリバースモーゲージもあります。


リバースモーゲージ大辞典TOPへ

リバースモーゲージの基礎知識

金融機関のリバースモーゲージ

国・自治体とリバースモーゲージ

朝日信託のリバースモーゲージ

当サイトについて