リバースモーゲージ大辞典〜リバースモーゲージ信託の上手な活用法〜

リバースモーゲージの仕組み

リバースモーゲージの仕組み

リバースモーゲージは、自宅(住宅や土地)を担保に、自治体や銀行などの金融機関から借入れをし、契約者が死亡した後、担保である自宅を売却することで借入金を返済する仕組みです。

通常の住宅ローン(モーゲッジ)では、借入れ後、毎月借入金少しずつ返済していくので借入金はどんどん減っていきますが、リバースモーゲージでは逆にどんどん増えていくのでリバース(逆)モーゲッジと呼ばれています。

現金収入が少なくなってくる高齢者の世帯にとっては、住み慣れた自宅に住み続けながら、生活資金を調達できるとういことで、近年、注目されています。

年金制度の不安を自分で解消できる手段とも言えるわけです。

リバースモーゲージ信託は、各自治体や金融機関の商品にもよりますが、毎月の生活資金の他、リフォーム代、旅行代、借入金の返済など、さまざまな目的に使用できるのが一般的です。

当サイトでは、リバースモーゲージを上手に活用するためにリバースモーゲージに関する基礎知識から、自治体・金融機関のリバースモーゲージ信託各商品に関する情報まで、わかりやすくご紹介しています。

老後の豊かな生活のために、是非、参考にしてみてください。

リバースモーゲージの基礎知識

金融機関のリバースモーゲージ

国・自治体とリバースモーゲージ

朝日信託のリバースモーゲージ

当サイトについて